アルファ ス CT SVスプール

ダイワ 最新モデルのスティーズやタトゥーラをはじめ、ジリオン、アルファス、SS AIRなど各リールに対応するカスタムパーツが勢揃い!スプール・ベアリング・ハンドルなどお好みの中から選べます! しかしアルファスCTでこのクオリティだとスティーズCTはどんな感じなんだろう。コレに更にTWSが付くとなると・・・ って流石にスティーズまで買うのはお小遣い的にしんどいので、来年タトゥーラCT SV TWが出るのを祈ろうと思う。 COMPACT&TOUGH SVスプールを初搭載した極限マシン。ダイワ(Daiwa) スティーズ CT SV TW (STEEZ CT SV TW) 700H /ベイトリール 右巻き 6.3 【キャッシュレス5%還元対象】フリー ソフト、でも スゴ い。. ct-sv < sv. 今日は久しぶりに3時間ほどホームリバーへ行ってきました。魚には触れることができませんでしたが色々試したいことができたのでまぁ結果オーライです。 本日は今日のタックル、アルファスフィネスカスタムのSVスプールカスタム(?)について書きたいと思 2020年春、SLP WORKSからRCSB SV700S G1スプールが発売されるとの情報をSLP WORKSのfacebookで見かけた。SV700S、つまりCT SVシリーズ用のシャロースプール。ラインキャパシ … CT-SV < SV これはSVの勝ち。個体差なのかブィ~~~ンって言います。スプール系が小さいので回転数が高いのか?頑張ってる感じ。SVはぶれなくスムーズに回転します。 巻き心地 CT-SV = SV これは互角。駆動系はおなじ 2019年、ダイワ「スティーズCT SV TW」が登場しました。 軽いルアーの扱いに有利な小径化を思い切って進めた結果たどり着いた 、 軽量コンパクトなボディも魅力の一つです。 純正SVスプールはある程度の糸巻量を確保した、 170gです。参考までにアルファスSVは175gで、アルファスエアは165gです。ちょうど中間といった感じです。 糸巻き量. ダイワ 最新モデルのスティーズやタトゥーラをはじめ、ジリオン、アルファス、SS AIRなど各リールに対応するカスタムパーツが勢揃い!スプール・ベアリング・ハンドルなどお好みの中から選べます! スティーズCT SV TW、ミリオネアCT SV 70とともに30mm径のスプールを搭載したアルファス CT SV 70。 2015年発売のアルファスSVから4年経ち、小口径スプールを搭載してのモデルチェンジとなるようです。 スティーズCT SV TW、ミリオネアCT SV 70とともに30mm径のスプールを搭載したアルファス CT SV 70。 2015年発売のアルファスSVから4年経ち、小口径スプールを搭載してのモデルチェンジとなるようです。 9代目となる伝統の名機は現代フィールドに速効するアルファスCT SVの名の下に誕生することとなった。 信頼のボディをベースに、積み込まれたのは小型高性能エンジン。搭載された30φCT SVスプールは、最高峰スティーズCT SVとエンジンは完全同スペック。 daiwaのバス釣り用ベイトリールの最高峰・スティーズにctコンセプトを植え込んだ19スティーズct sv twが登場。30φct svスプールの採用によって、汎用性を維持しつつ、5グラム未満のリグまで守備範囲に入れた。g -1 ジュラルミンマシンカットドライブギアは極上の巻き心地を約束。 firealpaca[ファイア アルパカ]は、世界10言語、mac/windows 両対応のフリー ペイントツールです。 CT-SV < SV これはSVの勝ち。個体差なのかブィ~~~ンって言います。スプール系が小さいので回転数が高いのか?頑張ってる感じ。SVはぶれなくスムーズに回転します。 巻き心地 CT-SV = SV これは互角。駆動系はおなじ これはsvの勝ち。個体差なのかブィ~~~ンって言います。スプール系が小さいので回転数が高いのか?頑張ってる感じ。svはぶれなくスムーズに回転します。 巻き心地. ct-sv = sv. ダイワ CT SVスプールのフィネス性能を試してきました。レスポンスの優れた30mm径スプールによって、ベイトフィネスリールとして使用しても違和感のないフィネス対応力でした。ダイワ CT SV スプールはベイトフィネスとして使えるのか 左)30mm CT SVスプール 右)34mm スプール ダイワのCT ダイワ CT SVスプールのフィネス性能を試してきました。レスポンスの優れた30mm径スプールによって、ベイトフィネスリールとして使用しても違和感のないフィネス対応力でした。ダイワ CT SV スプールはベイトフィネスとして使えるのか 左)30mm CT SVスプール 右)34mm スプール ダイワのCT

9代目となる伝統の名機は現代フィールドに速効するアルファスCT SVの名の下に誕生することとなった。 信頼のボディをベースに、積み込まれたのは小型高性能エンジン。搭載された30φCT SVスプールは、最高峰スティーズCT SVとエンジンは完全同スペック。 しかしアルファスCTでこのクオリティだとスティーズCTはどんな感じなんだろう。コレに更にTWSが付くとなると・・・ って流石にスティーズまで買うのはお小遣い的にしんどいので、来年タトゥーラCT SV TWが出るのを祈ろうと思う。 2019年、ダイワ「スティーズCT SV TW」が登場しました。 軽いルアーの扱いに有利な小径化を思い切って進めた結果たどり着いた 、 軽量コンパクトなボディも魅力の一つです。 純正SVスプールはある程度の糸巻量を確保した、