クレジットカード 貸し借り 法律

クレジットカードを持っていない友人に「名義貸してほしいんだけど!」という風にお願いされたことがある人もいるのではないでしょうか。 場合によっては、友人や家族などに名義貸しをお願いしている人もいるかもしれません。

身近な友人や知人、あるいは家族にお金を借りることってありますよね。個人間での貸し借りは、何か問題が起こると厄介なことが多いため法律でしっかりとルールが決められています。その法律というのが出資法と利息制限法です。あなたが個人間でお金を貸し借り

本人以外がクレジットカードを使用した場合どうなる? バレなければクレジットカードを貸し借りしても大丈夫では?なんて思った人もいるかと思いますが、もしバレたときには取り返しのつかないことになってしまう可能性もあるのです。 家族間でクレジットカードの貸し借りをしているケースは非常に多いです。「これって問題ないのでしょうか?」。本人が許可してるし、家族だから問題ないようにも思えますが、どうなのでしょう?今回は、カードの貸し借りについての紹介です。 クレジットカードの貸し借りについて取り上げます。 クレジットカードの貸し借りを安易にしてしまう人もいるかと思います。 その問題点等を取り上げていきます。 クレジットカードは契約者のみしか使用できない

①「名義貸し」や「クレジットカード貸し」は犯罪行為. クレジットカードの貸し借り. そもそも、他人の名前でクレジットカードを作成したり、これを使ったり、所持することは犯罪に該当します。 作成したり、使用したりする場合には、10年以下の懲役又は100万円以下の刑罰に処される可能性があります。