スポット修復 ブラシ ツール コンテンツに応じる

Photoshop CS5では、スポット修復ブラシツールのオプションに「コンテンツに応じる」という項目が追加され、まるで人工知能が絵柄を認識し、何をどうすればよいのか考えているかのような修復をしてくれるようになった。 上記方法を順番に試していきます。 Adobe Photoshop でコンテンツに応じたパッチおよびコンテンツに応じた移動ツールを使用する方法について説明します。画像の不適切な部分を修復するか、写真の一部を選択して移動します。 コンテンツに応じた修復. 「コンテンツに応じる」で修復することで、自動でより滑らかな状態で選択範囲の修復が行われます。 似たような、消去したい文字やオブジェクトが無い箇所が、ある程度の面積がある場合はとても有効なツール … [コンテンツに応じる] は、その領域が狭いほど処理能力は向上します。たとえば、対象物をカバーできる最低限の大きさ × 1.5 倍を、あらかじめブラシ直径に設定しておけば、 [スポット修復ブラシツール] は、ワンクリックで見事に修復してくれます。 ②『コンテンツに応じた塗りつぶし』機能を使った方法.

ツールパネルの「修復ブラシツール」アイコンのリストから「スポット修復ブラシツール」を選び、オプションバーで「コンテンツに応じる」にチェックを入れるだけ(このとき、モードを「置き換え」にする方がより自然な仕上がりになる場合が多い) 。 大きな物体を取り除く:「修復ブラシツール」「コンテンツに応じた … スポット修復ブラシは小さなものを取り除くのに最適なツールです。広範囲の修正も可能ですが、便利なツールはほかにもあります。 6. ところで、Photoshop CS5では、「スポット修復ブラシツール」のほかに「削除」(DELETE)機能にも「コンテンツに応じる」が装備されています。 [スポット修復ブラシツール]を選択時、オプションバーの[種類]に「コンテンツに応じる」オプションが選択されています。 色合いを合わせたり、また、周囲と馴染むように調整してくれるというオプション … ①『スポット修復ブラシ』ツールを使った方法. Photoshop CS5のコンテンツに応じる. ③『コピースタンプ』ツールを使った方法.