タブレット メモ 活用

もっと活用しよう!デジタル手書きはこんなに便利(1) スタイラスペンがあれば、パソコンやタブレットにメモしたり絵を描いたりすることができることは知っていても、どんな時に使ったら便利なんだろうと思ったことはありませんか? タブレットをビジネスで活用する動きが広まっています。会社で独自アプリを皆で共通して使うだけではなく、個人レベルでもタブレットを活用できれば、ビジネスが効率化することは間違いありません。この記事ではもっと効果的なタブレット活用法を紹介します。 ペンタブレットでぐりぐりやるかマウスでぐりぐりすれば タブレットの使い道(3)|タッチペンを使ってタブレットをメモ代わりにする; タブレットの使い道(4)|チューナーを使ってテレビを視聴する 【注意】タブレットの活用で注意すべきデータ容量について ※光回線やポケットWiFiをまだ契約していない人へ 目からウロコ!実はいろいろ使える「スマホのメモ機能」活用術. タブレット端末やタブレットpcの違いが薄まってきて、何に使うのか分かりづらいこともあります。ですがタブレット端末には意外な使い道もあるのです。何に使うのかや自分にとっての有効な用途があれば、使いこなし方も分かります。そんなタブレットの使い道をご紹介します。 「電子ノート」は、どこでも気軽にメモが取れて、整理や編集も簡単に行える便利なツール。製品の種類はそれほど多くないものの、1,000円台から数万円するアイテムまで幅広い価格帯で展開されています。そこで今回は、おすすめの電子ノートをご紹介します。 1.手書きメモ用にインクノートを作ろう. 通常のノートには直接手書きメモできないので、それ専用のノートを作ります。 上部メニューから新規ノート → 新規インクノート. タブレットを活用することでアイディアの記録漏れもなくなります。 また、会議中にPCなどで一生懸命タイプしてメモする人もいますが、タイピング音が周りに迷惑なこともあります。 10年ほど前は、打ち合わせで若手がノートパソコンでメモを取り出すのを見てずいぶん新鮮に感じたものだが、いまやそれが日常の風景になっている。「キーボード派」か、「手書き派」か。世代の違いということで片付けられてしまいそうだが、実は、ウォール スマートフォンの「メモ機能」、使っていますか…?使いこなすと便利で、生活を効率化できるメモアプリ。目からウロコの使い方のアイデアをご紹介します。 2020年01月17日作成