ハブ ルータ スイッチ 違い


ルータはソフトウェア処理、スイッチはハードウェア処理 ( asic 処理)、と言っていたのはもう昔の話です。現在はどちらも高速な asic 処理を行うのが一般的です。では この 2 つの違いは何でしょうか? l3スイッチでは、このローカル用のvlanの出口をグローバルのvlanのipアドレスに指定することができる。つまりルーティングができる。しかし、l2ではできない。 l3スイッチとルータの違いは? ルータは「異なるネットワークを接続する機能」をもっている。 ルータと l3 スイッチの違い. テックウインドはpcパーツ及びpc周辺機器について、インテルやmsなどの世界の優良メーカー50余社の国内正規代理店として活動する専門商社です。2012年1月よりシネックスはテックウインドに生まれ変わ … スイッチングハブとルータの違いについて 同ネットワーク向け通信はスイッチングハブ、別ネットワーク向け通信はルータ. 「ハブ」と「l2スイッチ」の明確な違いは何なのか といったことがわかります。 これらのことを理解したあなたは、他のどんな本を読んでも、どんなサイトを見ても、ハブやL2スイッチについて書かれている内容を理解することができます。

簡単に言ってしまえば、上記の通りです。 一般家庭であれば、家の中は一つの同じネットワークで構築されていると思います。

l2スイッチはスイッチングハブの機能に加えて、vlanが利用できるものもあります。ただしl2スイッチの必須機能ではないので、ただのスイッチングハブが法人向けとうたってl2スイッチとして販売されていることも多いです。 vlanはlanポートのグループです。 ルーターもハブも値段の上下にあまり大差はなく、10/100/1000 と通信速度の違いから価格の差が出るくらいです。 ただし機能面に差がありますから、通信を制御するルターの方が線をつなぐ機能しかないハブより高額になります。 スイッチングハブ。 自宅にインターネット環境がある場合、または学校の教室などでインターネットを使用していると部屋の隅や机の上、足元などにlanケーブルが接続された状態でピカピカランプが光っているのを見かけたかたもいらっしゃることでしょう。