フェニトイン は 水溶性が低いので 食前 に投与 した 方が吸収は増大する

1日 3l 以上の輸液を投与することとなっています。 (参考) 成人1回の尿量は 200 ~ 400 mL が平均) よって、選択肢 4 は誤りです。 腎排泄性薬物の蓄積 「 尿中未変化体(未変化体の多くが活性体)排泄率が高い薬物 」は排泄が遅延し、消失半減期が延長します。 それに伴い血中濃度も上昇するため、これらの薬物を投与するときは減量・投与間隔の延長などをしないと副作用が起きる可能性が高くなります。

b プロプラノロールなどの塩基性薬物を結合するα1- 酸性糖たん白質(α1- acid glycoprotein)の血漿中濃度は,炎症性疾患や外傷で増大する。 c 高齢者では腎機能が低下していることが多いため,腎排泄型薬物の投与量は,増量する必要がある。

問153. 経口投与後の薬物吸収に及ぼす食事の影響に関する記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 a フェニトインは、水溶性が低いので、食後に投与した方が吸収は増大する。 薬物を注射等によって投与した場合、全ての薬物が体を巡ることになる。しかし、経口摂取した場合は全ての薬物が体内に移行するとは限らない。胃酸によって分解されるかもしれないし、腸からの吸収が悪いかもしれない。 薬物間相互作用により、ある薬物の作用が弱まったり強くなったりする。これにより、薬の効果が表れにくかったり副作用が強く出たりする。このような相互作用を示す薬の種類は無限に存在する。そのため、ここでは代表的なものだけを示そうと思う。 フェニトインの体内動態は,経口投与量を増大すると非線形性を示す。 この主たる原因に関する記述の正誤について,正しい組合せはどれか。 a 小腸吸収過程の飽和 ×