フラット35 子育て 支援 福島県


フラット35子育て支援型の詳細は住宅金融支援機構のページを御確認ください。(外部ページへジャンプ) 6 応募方法と窓口(提出先) 1. 「フラット35」は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利(最長35年)です。通常の固定金利よりも長期的に安定した返済計画を立てやすいのが特長ですが、購入する住宅の技術基準を満たす必要があり、投資用の住宅購入には利用できないといった規定があります。 *【フラット35】地域活性化型利用申請書…独立行政法人住宅金融支援機構のホームページよりダウンロードください。 *交付申請を提出する前に、必ず金融機関に「フラット35地域活性化型」を利用する旨を申し出てください。 これは同機構が提供するフラット35の金利を当初5年間、年0.25%引き下げるもので、山形県や福島県、山口県、福岡県のほか、横浜市や浜松市、広島市といった子育て支援に取り組む全国44の自治体において適用されるものです(図1)。 【フラット35】子育て支援型・地域活性化型による連携 民間金融機関と当機構が提携してご提供する全期間固定金利住宅ローンである【フラット35】において、「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型」が、平成29年4月から創設されました。 【フラット35】子育て支援型・地域活性化型とは 子育て支援や地域活性化について、積極的な取組を行う地方公共団体と住宅支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などの財政的支援とあわせて、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。 (【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用申請書・付表) [子育て支援型・地域活性化型第2号書式(付表)] 申請者名 要件等確認チェックシート 要件 提出書類等 事業番号 0 4 -0 7 4 8 3 7 - 1 1 8 2 補助事業等名 塙町住宅取得支援事業(UIJターン) (書式適用日)令和元年8月1 質の高い住宅の取得を支援する【フラット35】s、【フラット35】リノベ、地方公共団体と連携した【フラット35】子育て支援型・地域活性化型などをご用意しています。また、住宅金融支援機構が定める技術基準に基づく物件検査を実施します。 市と独立行政法人 住宅金融支援機構は、住宅を取得しようとする子育て世帯を支援するため、「【フラット35子育て支援型・地域活性化型及びひたち子育て応援マイホーム取得助成事業に係る相互協力に関する協定」を締結しました。 住宅ローン【フラット35】は住宅金融支援機構が取り扱っているものです。 埼玉県と住宅金融支援機構の相互連携に関する協定に基づき、【フラット35】の金利優遇措置を受けることができます。 【フラット35】子育て支援型・【フラット35】地域活性化型をご利用いただくためには、 地方公共団体 ※1 から、「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用対象証明書」 ※2 の交付を受ける必要があります。 ※1 住宅金融支援機構と協定を締結し、連携する地方公共団体に限ります。 【フラット35】子育て支援型の金利優遇措置について はじめに. 住宅金融支援機構 「【フラット35】子育て支援型」及び「【フラット35】地域活性化型」に係る事業を行う地 方公共団体の公募について、下記のとおり実施いたします。 記 1 事業の概要 応募窓口等は一般社団法人福島県建設業協会になります。(外部ページにジャンプ) 新団信(一般)付き【フラット35】 s 新規お借入れ金利. 2017年10月1日以降にお申込みの方は当初金利が 年 0.25 % 引下げされます。 2017年9月末日までにお申込の方は 年 0.3 % 引下げされます。 (外部サイトへリンク)(一般社団法人福島県建設業協会のホームページ) また、「福島県多世代同居・近居推進事業」において、子ども加算対象となる方は、住宅金融支援機構のフラット35子育て支援型の金利引下げ制度が適用となる場合があります。