ホームページ YouTube 埋め込み

サポート部の市川です。 ECサイトでは動画を活用することで、ユーザーの購買意欲を高めることができます。現在はyoutubeが生活の一部となっていることもあり、日々動画での販促は進歩しています。 今更聞けない!?ホームページにYouTube動画を貼り付ける方法をご紹介します。普段からブログ運営などWEB運用をされている人からすると、なぜ今更この話題?となるかもしれませんが、専門的に対応している方以外一般的にはまだまだ認知されていないようなので、取り上げております。 YouTubeで動画をアップロードして宣伝したり、お気に入りの動画を紹介したい時にブログやサイトに動画を貼り付けたりするよね!この埋め込みにはhtmlタグ(埋め込みコード)が使われている。色んな埋め込み方を設定できて便利なんだよ。 webサイトで動画を扱いたい場合にはHTML5から導入されたvideoタグを使用するのが一般的です。今回はvideoタグの基本〜応用的な使い方までを丁寧に解説し、HTMLで動画を使いこなせるようにしていきます。記事の最後ではおまけで「背景全体に動画を表示する方法」も紹介していますよ。 1.YouTubeのサイトで、埋め込みたい動画のページを表示する ... ホームページにyou tubeを貼り付けません。 いままでは貼り付けました。突然、埋めこみコードにあるメニューの「古い埋めこみコード」 インターネット上で提供されているYouTube動画を、ページ内に貼り付けることができます。 ※以下の画面はホームページ・ビルダー21のものですが、ホームページ・ビルダー21以外のバージョンでも、ほぼ同様の操作で行うことができます。 ホームページに動画を埋め込む方法で一番おすすめなのは、You Tube(ユーチューブ)にアップロードした動画をホームページからリンクする方法です。 ファイル自体はYou Tubeにあるためレンタルサーバーの性能を問わずに動画を公開できます。 Youtube動画の埋め込み. ホームページビルダーでの操作は、これをhtmlソースに貼り付けるだけです。 埋め込み用ソースのコピー ここでは例としてYouTubeの動画で説明を行いますが、他のサービスでも同様に