リフォーム 壁撤去 耐震

リフォームで壁を撤去する際、筋交がでてきました。業者からは筋交がでる可能性は知らされておらず(構造的には筋交がある可能性は非常に高かったと思われる)、困ってしまいました。業者には移設をすすめられましたが、耐震性を優先し現 内壁と同じく壁材を撤去して耐力壁や筋交いを入れる場合と、既存壁に追加する場合とがありますが、どちらでも十分な耐震性を確保することが可能です。 外壁補強では内壁の補強と違い、建物を囲むように強化することができるため、効果的に補強できる方法とされています。後者の場合、�

戸建て住宅の大規模なリフォーム・リノベーションで、柱を撤去することでより暮らしやすい計画となる場合があります。柱をなくすと耐震性が心配になりますが、柱ではなく、壁を撤去する場合に注意が必要です。もちろん、柱撤去の際には構造的な検討は必須です。 耐震リフォームの費用 「大きな地震に備えたい」と耐震リフォームの計画を立て始めたら、まず気になるのは費用のことだと思います。不要な工事に無駄な費用をかける必要はありませんが、費用不足で十分な補強ができず、いざという時に家族の命を守れないのでは困ります。 築18年ほどの木造建築です。1階にあるLDKの空間を広くしたいと考えていますが、どう考えても耐力壁となっている部分の一部撤去が必要に感じます。2階部分をいじらずに、残った耐力壁を強くしてのリフォームは可能でしょうか?以前