リーバイス ビッグe 復活


誕生は 1890年 と実に120年以上の歴史を持つ全てのジーンズ(ジーパン)の原点であるリーバイス501。 ジーンズ原型なら140年以上、リーバイス社設立からはなんと160年以上という歴史の古さです。 デニムの原点であるリーバイスは他にも業界初の試みを繰り返しました。
1996年 従来の「ビッグeプロジェクト」をリーバイス・ヴィンテージ・クロージングとして再編。503bxx、503zxxのレプリカや、1930年代501の復刻 702xx、1910年代501の復刻 s702xx を製造販売。 リーバイスの70年代501復刻の比較を少ししてみます。まずは1976年復刻です。アメリカ製です。バックポケット裏シングルステッチ赤タブスモールeなので66前期… 先日解説したリーバイスの現行の501® made in the usa “ビッグe”に続き、2017年から2018年にかけて流通限定で一時期販売されていた、501® made in the usa “スモールe” を本日は解説していきます。 本日は私物のヴィンテージ、リーバイス501の【ビッグe 後期】のディテールを、そのモデルの見分け方のポイントも含めて解説してみたいと思います。特にビッグe~66前期モデルはシルエットも綺麗で、色落ちも美しいのがその魅力です。

リーバイス501 ビッグe 後期型 並行ステッチ ボタン裏6 1970年代? 2018/4/2 LEVI'S 501Eなど 1969~1972(並行ステッチ後期型) ※画像クリック(タップ)で詳細表示に変わります。 アメリカ製・リーバイス501『made in the usa』(2018年ビッグeモデル)の色落ちを知りたいですか? 本記事はリーバイス501『made in the usa』の色落ちを写真で公開します。 リーバイス501が好きな方は …
リーバイスのヴィンテージデニムジャケットがかっこいい。ビッグeの70505の歴史は奥深い。その希少性と色落ちの良さが気分を上げてくれる。逆に現代のメンズファッションに取り入れやすいこのアイテ …