レスポンシブ width: 100

確かに、ほとんどの場面でwidthだけでも対応できますが、実はレスポンシブ対応の画面を制作する時には、非常に便利なプロパティです。今やWebサイトのレスポンシブ対応比率は50%に登り、これに対応することは必須のスキルです。 2.1 HTMLヘッダーにviewportを設定する; 2.2 CSSのmedia queryを設定する; 3 レスポンシブの対策で最初にすること(サンプル) 3.1 viewport追加とはみ出したコンテンツ幅を100%に div.fullWidth { width: 100%; } ブレークポイントの決め方. 固定サイズ以下の時に表示枠(親要素)内におさめる例 img { width: 1000px; max-width: 100%; } フルードイメージはレスポンシブ対応策ですが、画像そのものを切り替えているわけではなく、あくまで表示のされ方を定義しているだけです。 1.3 同じHTMLの表示をデバイスにより切り換える(レスポンシブ) 2 レスポンシブの対策方法. ブレークポイントは、デバイスクラスを基準に設定しない … div.fullWidth { width: 320px; margin-left: auto; margin-right: auto; } 推奨 - レスポン シブな幅. 新レスポンシブ:スマホ縦(max-width: 480px)からのみ こうなったら居直って、ほんとうの簡易版としては、スマホ縦画面に合わせただけのメディアクエリ・ブレイクポイントでもいいかもしれない レスポンシブ化のチェックリスト 要素の幅はMax100% 最大幅を100%にしないと、画面からはみ出ても表示され続けてしまいます。指定の方法は、max-width: 100%;。画像はアスペクト比を保つために、height: auto;とセットで覚えるようにしましょう。 レスポンシブデザインでは、固定値のwidthを設定するなら一緒に最大幅も100%に設定します。 具体的には以下のとおり。 コピー .container { width: 1024px; max-width: 100%; margin: 0 auto; }