レセプト コメント 例 インフルエンザ

近年、医療を取りまく環境が厳しさを増し、医療機関のレセプト審査も厳しくなっているという話は皆さんもよく耳にされると思います。「今までは認められていたことが突然減点されてきた!」なんてことはありませんか?そんな内容を少しでも共有できたらと思い コメントを入れてレセプト請求してますか? 連日ではないが2、3日過ぎて2回目の検査を実施された場合は 例 インフルエンザ疑い 27年1月20日 検査結果 陰性 20日中止 インフルエンザ疑い 27年1月23日 と、病名で対処し、レセプト請求して下さい。 インフルエンザウイルス抗原精密測定q&a; Q:新型インフルエンザが流行しているので、インフルエンザの検査をされる患者様が増えているのですが、一回目の検査で陰性で、後日熱が下がらないような場合、月に2回又は月をまたいで2回目の検査料は請求できるのでしょうか? 医療事務の基礎知識(20) そろそろインフルエンザの予防注射が始まるころですね。今年のインフルエンザはどうなんでしょうか、流行が気になりますが猛威を振るうのはご遠慮いただきたいものです。 採取料も忘れずに インフルエンザの一般的な検査として この記事の内容は古い情報になっています。 以下の記事が最新の内容になっています。 前回に続いて、平成26年3月26日「診療報酬請求書等の記載要領等について」等の一部改正について。 この機会に、レセプト摘要欄の記載項目について復習しておきましょう。

<指導>速やかにインフルエンザ薬を使用し、家族、職場の方に感染しないよう指導 a:再審査提出(症状詳記 例) 2016年12月1日に高熱と関節痛で受診。インフルエンザ様の症状で検査実施したが、陰性であり、対症療法実施。翌日も症状改善せず、再受診。 <指導>速やかにインフルエンザ薬を使用し、家族、職場の方に感染しないよう指導 a:再審査提出(症状詳記 例) 2016年12月1日に高熱と関節痛で受診。インフルエンザ様の症状で検査実施したが、陰性であり、対症療法実施。翌日も症状改善せず、再受診。 レセプト摘要欄 レセプトについては事務さんに任せっぱなしの無知な薬局長の私です。レセプト摘要欄について、少々変更点があったのでメモメモ。 以下が平成30年度の「診療報酬請求書等の記載要領等について」一覧表になってる。 15項目ある。
15:(例)処方箋に遠方及び足が不自由で通院が容易ではないためとの記載あり。 ... インフルエンザ (6) ... レセプト摘要欄への記載事項 エペリゾンとチザニジンの違い リファンピシンとミノサイクリンの併用 bpsdに使用される薬剤 低用量マクロライドの用量 レセプト提出前に算定日やコメントの記載が必要な検査項目の点検チェックリスト 検査点数項目(検査回数が限定されているもの等) 留意点等(レセプト摘要に月日等の記載が必要な内容) 算定回数が複数月に1回と定められた検査 ※前回実施日を記載。 その際は、必ずレセプトの摘要欄に理由を記載する必要がある。 Q4 インフルエンザ迅速試験キットにより検査を行った場合、外来迅速検体検査加算は算定できるか。 <指導>速やかにインフルエンザ薬を使用し、家族、職場の方に感染しないよう指導 a:再審査提出(症状詳記 例) 2016年12月1日に高熱と関節痛で受診。インフルエンザ様の症状で検査実施したが、陰性であり、対症療法実施。翌日も症状改善せず、再受診。 最初にインフルエンザの検査を行い病名がついてから次の検査まで 1週間以上の間隔 があれば、その都度「インフルエンザの疑い又は確定」の病名を付けるとおもうので、コメントなしでも問題ないと思い …