ワード プレス 記事 スライドショー


WordPressで「スライドショー・スライダー・カルーセル」表示を実現するプラグイン「MetaSlider」のご紹介です。誰でも簡単に設定できる、初心者向けのプラグインと言えそう。 ワードプレスで簡単に画像や動画のスライドショーを作成できるプラグインの紹介です。その名はSmart Slider 3。英語のプラグインですが、初心者さんでも分かりやすい説明しますのでご安心を。 記事スライドを導入するなら、Advanced post sliderがオススメ。 ブログメディアにありがちなトップページの記事スライド(もしくは大きなビジュアル)。 無ければ無いでいいのですが、やはりファーストビューに大きなビジュアルがあると"らしく"なるもんです。 WordPressテーマ「Holiday」は、レスポンシブWEBデザイン(スマホ対応)のワードプレステンプレートです。写真家、美容院、カフェ、デザイナー、アーティスト等、ビジュアルをアピールしたい業種に最適。スライドショーでどーんとイメージを見せたいあなたのためのテーマです。 WordPressを使用してブログを運営している旧帝国大学大学院生ブロガーです.これからの副業の時代にはブログがもってこいです.今回はブログを開設するレンタルサーバーを比較し紹介してます.XSERVERを使っていますが,驚きの結果でした. ワードプレスでブログやサイトを作り始めると気になってくるのがデザイン!豊橋オレ的情報局ブログも最初の頃はただ記事を書いているだけで、デザインはあまり気にしていませんでした。記事を書くことに慣れてきた頃に、デザインもこだわりだし導入したのが「 ワードプレスでブログやサイトを作り始めると気になってくるのがデザイン!豊橋オレ的情報局ブログも最初の頃はただ記事を書いているだけで、デザインはあまり気にしていませんでした。記事を書くことに慣れてきた頃に、デザインもこだわりだし導入したのが「 ワードプレス有料テーマ「wing5」を使っています。 その中で記事スライドショーがあるのですが、設置すると出てくるまでに時間がかかります。 何回もリロードしてやっと出てくる感じです。 スマホでチェックしても同じです。 レスポンシブ対応「最新記事自動スライドショー」です。またカテゴリ別や個別記事、画像のみなど、複数のスライドショーを管理、設置できます。設定はスライドの大きさや画像の大きさ、フォント、エフェクト、ナビなど、細かく調整できる高機能で使いやすい仕様です。 スライドショーがまだ作られていない場合は、「+ スライドショーを追加」というリンクからスライドショーを追加して下さい。記事用、テンプレート用など使う数によっていくらでも追加することが可能です。 完了後、「更新」ボタンをクリックします。 サイトの顔となるメインビジュアルファーストビューの大部分を占めるスライドショーは、「このサイトが何をしているサイトなのか」ということをユーザーに一瞬で視覚的に伝える役割を持っています。サービスや旬な情報を伝えるのに最適と言われています。 記事スライドを導入するなら、Advanced post sliderがオススメ。 ブログメディアにありがちなトップページの記事スライド(もしくは大きなビジュアル)。 無ければ無いでいいのですが、やはりファーストビューに大きなビジュアルがあると"らしく"なるもんです。 WordPressのCocoonでカルーセルを設置する手順をご紹介します。カルーセルとはサイトのページ上部に出る記事スライドショーのウィジェットです。Cocoonではカルーセルを設置する機能が装備されていてPCとスマホに表示されます。 複数の画像をスライドショー形式で表示する「スライダー」機能が使える、WordPress プラグインを紹介します。設定画面がシンプルで使いやすく、レスポンシブウェブデザインにも対応しています。投稿/固定ページの編集画面やテンプレートファイル内に専用のコードを貼り付けるだけ。 WordPressテーマ「ストーク(STORK)」で、トップページにスライドショーを設定する方法を解説しています。たった2つの作業だけで手軽に設置できます。トップページでオススメ記事をアピールしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。