実行時エラー 13 型が一致 しま せん vb6


melsec/melsec.xml3.0-1 2 4 SH080260 AJ SH080260 Adobe PDF File SH-080260-AJ ja-JP ja 17 0411 11 0011 80 Meiryo UI;MS UI Gothic;Tahoma 10;10;9 932 PX Developer Version 1 オペレ

原因: このエラーが 実行時 に発生する場合は、通常、式で使用されている Variant のサブタイプが正しくないか、配列 を含む Variant が Print # ステートメントで使用されています。

論理演算子とは「aかつb」とか「aまたはb」などのように条件を組み合わせて使う場合に使用します。条件の部分には論理演算子による条件判定の式が入ります。 また Cells で複数セルが返されるのであれば .Value には配列データが入るはずなの … この場 合、もし永続化データを初期化しないと、実行時モード状態へ遷移せず、後続 のメソッド呼び出しがすべてエラーとなります。 [EXCEPTION] WIN32OLERuntimeError: オブジェクトがActiveXコントロールの永続化イ ンターフェイスを持たない場合に通知します。 vbaのマクロを実行すると「型が一致しません。」のエラーを見る機会が多いかと思います。 」のエラーを見る機会が多いかと思います。 原因は変数に間違った型の値を入れてしまった場合に発生しますが、コードをみても誤った箇所がわからず途方に暮れる場合もあるのではないでしょうか。 エラー「型が一致しません」とは 「実行時エラー ‘13’: 型が一致しません。」のエラーは、変数の型と異なる型の値を代入してしまったときにおこるエラーです。(※使用する環境によっては「実行時エラー ‘13’」部分は表示されないケースもあります。 上記を実行すると、セル(a1)に「false」という値が表示されます。 論理演算子.
型が一致しません。(エラー番号:13) Home; Excel; VBA; VBAの実行時エラー; Sub Sample1() Dim N As Long N = "tanaka" End Sub とても多いエラーです。 整数型に文字列型を代入しようとしたり、文字列型にオブジェクトを指定するような"型違い"で発生するエラーです。 ほかにも、次のようなケースで …
Worksheets("step2").Cells(i, TYAKUJUN).Value Worksheets("step2").Cells(i, C_4).Value は共に variant 型のデーターが返されますが、実際のデータ内容の型が異なっていれば、演算時に「型が一致しません」になるでしょう。.

Excel VBA マクロのエラー 13 「型が一致しません。」の対処法を紹介します。数値型に文字列を設定するなど、変換できない型を代入すると発生します。引数に配列を渡すときに、同様のエラーが発生することがあります。