専攻 英語 自己紹介


自己紹介代わりに、会議で自分の専門分野を英語でアピールする際の例文を紹介します。 挨拶の時でも使えると思います。 新製品や新サービスのマーケティング調査を専門にしています。 I specialize
英語で自己紹介をしたいのですが、名前、出身、住んでいる場所、趣味、などの一般的なものしか浮かびません。英語で自己紹介するパターンのようなものはあるのでしょうか?何かアドバイスのようなものがありましたらお教え願います。英 特に4月に入ると、新しい環境や人との出会いがあり、自己紹介する場面も多いのではないでしょうか。 日本語だと急に振られても何とかアドリブで自己紹介できても、英語だと同じことを話すのも言葉に詰まったりしますよね。 どんな自己紹介をするにしても、最初に話すべき項目は自分の名前です。一生懸命英語で自己紹介をしても、「あなたのことはよく分かりましたが、ところでお名前は?」なんてことになってしまいますよ!

英語で自己紹介するときに最初のつかみとして、お決まりの自己紹介をするのはとてもいいことです。 でも、お決まりの自己紹介は1分ほどで終わってしまうので、その後に言うことを考えておかないと会話が途切れてしまいます。 大学での専攻を英語で正しく言えますか!?今回は、大学生向けに自己紹介などでも用いられる機会のある自身の専横分野を英語でどう表現するのか?という点について言及しました。自身の専攻を英語で何というかわからない方は是非とも、読んでみて下さい(๑´ڡ`๑) 英語での自己紹介について詳しく説明しています。挨拶から、出身地、人口、英数字の数え方、気候、家族、専攻、職業まで、具体的な会話例をもとに、留学先で使える色々な英語の例文を分かりやすく簡単に紹介しています。