後期高齢者医療制度 負担割合 引き上げ

後期高齢者医療制度の運営の仕組み後期高齢者医療制度の運営の仕組み(平成20年度)(平成20年度) <対象者数> 75歳以上の後期高齢者 約1,300万人 <後期高齢者医療費> 11.4兆円 給付費 10.3兆円 患者負担… 後期高齢者医療制度の財源. 70歳以上の方の健康保険は前期・後期高齢者医療制度が適用され医療費の負担割合が下がります。しかし少子高齢化のため、後期高齢者医療制度の負担割合をあげたりなどの対応がされています。今回は70歳以上の方の健康保険について健康保険高齢受給者証も含め説明していきます。 後期高齢者制度における高額療養費の自己負担限度額について、また平成20年4月から始まった「高額医療・高額介護合算制度」について具体的に分かりやすく説明しています。 後期高齢者医療にかかる費用は、患者負担を除き、75歳以上の後期高齢者の保険料(1割)、 現役世代(国民健康保険・被用者保険)からの後期高齢者支援金(約4割)および公費(約5割)でまかなわれます。 後期高齢者医療制度の保険料は制度発足時は1割(制度発足時の厚生労働省の試算は全国平均で年に1人7万4,400円)ですが、現役世代人口の減少と高齢者人口の増大を考慮して、この保険料負担割合は徐々に引き上げられていくしくみです。