手当 就業規則 記載 しない

手当相当分として支給する 手当を除く 2. 前項の「1 ヵ月平均所定労働時間数」は、次の算式により計算する。 ( 365-年間休日日数) ×1 日の所定労働時間数 ... (2)就業規則第 条により懲戒処分を受け … また実務的には、残業代として含める場合、単に「残業代を含む」といった記載だけでは不十分です。 残業代である部分は、客観的に判別できるように就業規則や、雇用契約書、賃金台帳等に具体的な金額や時間数を明らかにしておく必要があります。

それは高額なペナルティは違法ですが、あらかじめ就業規則に記載があれば、賃金控除という形で不就労時間分の賃金を減給することは合法になります。 ただし、社会通念上の妥当性が問われます。解雇の場合と同じですね。 5 モデル就業規則の活用に当たって このモデル就業規則(以下「本規則」といいます。)は、平成25年3月現在施行されて いる労基法等の規定に基づいて就業規則の規程例を解説とともに示したものです。就業規 ところで、就業規則の作成義務は社員が10名以上の会社となっています。 よって、起業したての会社など就業規則がない会社もたくさんあります。 では、そういった企業では通勤手当をはじめとした諸手当の支給基準はどこで規定していけばいいのか? 従業員が労働をしなかった際の事由が使用者の責めに帰すべきものである場合は「休業手当」を支払う必要があります。場合によっては使用者にもペナルティが発生するので、注意しなければなりません。休業手当とは実際にはどのようなことを指すのか労基法をもとに解説します。 今回は各種手当の1つでもある食事手当について解説をしたいと思います。 食事手当も導入するときには就業規則にはしっかりと規定しておく必要があります。 食事手当と就業規則の変更 食事手当も安易に …

(→ただし、「・・・考慮して各人別に決定する」だけでも可です。全ての資格等級の金額までは就業規則での記載義務はありません) 第 条(諸手当) 1.通勤手当 通勤手当は通勤に要する費用(6ヶ月分の定期代)を支給する。 2.住宅手当