横浜 市立 大学 データサイエンス学部 田栗


1 データサイエンスの専門家と非専門家に求められるスキル 2 データサイエンス教育における Project-Based Learning の役割 モデレーター:田栗 正隆(横浜市立大学データサイエンス学部准教授) パネリスト:乾 孝治(明治大学総合数理学部教授) 横浜市立大学の臨床統計学教室には、NDBデータの分析に必要な医学的知識・経験が豊富 な専門家が多数在籍しており、医療局と平成. 同 助教. 先生. 講師: 田栗 正隆 (横浜市立大学 データサイエンス学部) 3. 先生. 横浜市医療局医療局がん・疾病対策課/横浜市立大学産婦人科学教室 先生. 窪田和巳. 本セミナーでは、地方自治体の職員を対象に、 1) エビデンスを理解するために必要な知識とデータ分析、 先生. 横浜市立大学臨床統計学教授. 横浜市立大学: 研究代表者: 田栗 正隆 横浜市立大学, データサイエンス学部, 准教授 (20587589) 研究期間 (年度) 2015-04-01 – 2019-03-31: 研究課題ステータス: 完了 (2018年度) 配分額 *注記: 4,030千円 (直接経費: 3,100千円、間接経費: 930千円) 横浜市立大学データサイエンス学部准教授. バックドア基準入門: ステップ・バイ・ステップでの解説 講師: 林 岳彦 (国立環境研究所 環境リスク・健康研究センター) 4. 筑波大学名誉教授 横浜市衛生研究所長. 代表者 田栗正隆 横浜市立大学 医学部 分子動力学計算による構造生物学データを活用した構造ダイナミクス研究 創薬戦略部(医薬品研究課) 創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業 創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS) インシリコユニット 田栗正隆. 因果探索入門 講師: 清水 昌平 (滋賀大学 データサイエンス学系) 詳細をみる 自治体職員のために 首都圏初のデータサイエンス学部が 短期集中講座を開講. 山中竹春. 28. 大久保一郎.