藤田敦史 福岡 国際マラソン

藤田敦史(ふじた あつし、1976年 11月6日 - )は、福島県 白河市(旧:西白河郡 東村)出身の陸上競技元選手・現指導者。 長距離走・マラソンが専門。 清陵情報高等学校、駒澤大学 経営学部卒業。 世界陸上選手権セビリア大会6位入賞、およびエドモントン大会男子マラソン日本代表(12位)。 福岡で30年ぶりに日本最高記録が生まれた。マラソン3回目、24歳の藤田敦史(富士通)が、2時間6分51秒で優勝した。藤田の記録は日本選手が国内でマークした唯一の2時間6分台で、現在も福岡のコースレコードとして残る。 2000年の福岡国際マラソンで日本新記録を樹立した藤田さん(撮影・朝日新聞社) 連載「4years.のつづき」のシリーズ15人目は、元マラソン日本記録保持者の藤田敦史さん(43)です。

藤田敦史氏は、サブテンランナー、元マラソン選手、陸上指導者です。 陸上を始めたのは高校1年の時で、森下広一氏のバルセロナオリンピックで銀メダルを獲得したのを見たのがキッカケでした。 福岡国際マラソン選手権大会(以下、福岡国際マラソン)と言えば、「瀬古選手の電光石火のラストスパート(1983年)」「中山竹通選手の氷雨の中の独走(1987年)」「藤田敦史選手の日本記録更新(2000年)」など、トップ選手の走りを思い浮かべる方が多いのでは? 第72回福岡国際マラソン選手権大会 兼 ドーハ2019世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会 第102回日本陸上競技選手権大会男子マラソン マラソングランドチャンピオンシップシリーズ2018-2019 ~東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会~ 参照:福岡国際マラソンで大迫選手が日本歴代5位のタイムをマークしたので急遽記事を上げます!「初マラソンの自分をはるか後ろに置き去りにしたい。」日本を驚かせた2時間10分28秒の記録も彼には一つの通過点。大迫傑、いよいよ福岡へ。#厚さは速さだ