認可外 保育園 設立

認可外保育園の運営母体はすべて民間で、企業やnpo団体などが設立しています。 無認可保育園も運営するにあたり、自治体への届け出をキチンと提出し、立ち入り調査等での指導監督を受ける必要があり … 「保育園落ちた日本死ね」を発端に、「保育園」を巡る議論が活発化しています。ただ、議論の中で時々「話が噛み合ってないなぁ」と思うのが、「保育園」と定義しているものが人によって違うこと。そもそも、あなたの言っている「保育園」ってどの種類の保育園? よって、 認可外保育園を開業し、その経営実績をもって、2店舗目に認可保育所や小規模保育所の開業を目指すという方法をオススメ している訳です。 場合によっては、その認可外保育園をそのまま認可保育所や小規模保育事業に移行できることもあります。 認可外保育施設とは、児童福祉法第35条第3項に基づき区市町村が設置を届け出た、または同条第4項に基づき民間事業者等が都道府県知事の認可を受け設置した「認可保育所」以外の子供を預かる施設(保育者の自宅で行うもの、少人数のものを含む)の総称です。 認可外保育施設(にんかがいほいくしせつ)は、児童福祉法上の保育所に該当するが認可を受けていない保育施設であり、認可外保育所とも呼ばれる。 平成14年から、設置には児童福祉法第59条の2 による届出が必要とされる施設である。 無認可保育所と呼称されることもある。 認可外保育園は経営難に悩んでいるところが多いです。すでに認可外保育園を運営している方も、これから認可外保育園を立ち上げたいなどいろいろな方がいると思います。 認可外保育園は素人でも容易に設立が可能となりますが、その分運営は認可よりも厳しくなります。 その理由は 「園児は自分で集めなければならない」 ためです。 認可保育園と認可外保育園の違いをご存知でしょうか。簡単に説明すると、国が定めた基準を満たし、「認可」を受けている保育園か、それ以外の保育園かということです。今回は、認可保育園と認可外保育園の違いについ 認可外保育園の設置基準 認可外保育施設は、一般的には「無認可」保育施設とも言われることがあります。認可外保育施設とは、認可保育園以外の子供を預かる施設(保育者の自宅で行うもの、少人数のものも含む。)の総称です。 施設の名・・・

認可外保育園の運営母体はすべて民間で、企業やnpo団体、また子育て世代を助けたいという理念を持った個人などが設立しています。認可を受けていないからといって、すべての認可外保育園の質が認可保育園に劣っているわけではありません。