金魚 フィルター 自作

折角の60lなのでもう少し金魚を追加したいと考えたのですが、ろ過が水作mと外掛け1個しかついていないので ろ過能力をもう少し上げようと思い、投げ込み式フィルターを自作します。 100均の … フィルター自体の大掛かりな掃除は2ヶ月に1回くらい。 メインの底床フィルターも稼動してるから、これくらいのペースで十分なんだ。 やることは通常の外掛けフィルターと同じ掃除に加え、リング状ろ過材パワーハウスの掃除があるくらい。 外掛けフィルターは安いし、小さい水槽では場所も取らずに使えるフィルターですが、ろ過能力が低いのが難点。そんな外掛けフィルターを身近にあるものを使って改造して、ろ過能力をupさせる方法を紹介します。外掛けフィルターは非力!?このブログでは上部

昔ながらの水槽や、金魚鉢などの小さな水槽でよく見かける投げ込み式フィルター。水槽セットに組み込まれていることも多く、ホームセンターでも簡単に手に入るので、使用している方も多いのではないでしょうか?手軽さが魅力の投げ込み式フィルターですが、そ

金魚飼育で外部式フィルターを使用する場合の注意点やメンテナンスが楽になる方法の提案を書いています。工夫すれば外部フィルターも金魚飼育に十分有効です。 オーバーフロー濾過システムで必要になる濾過槽を自作する方法を紹介します。60cm規格水槽を塩ビ板で仕切った3層式濾過槽の作り方を濾過槽の仕組みや詳細な寸法、自作に必要な道具、画像・動画による手順の説明を交えて解説します。

自作上部フィルター 2012年 11月 14日 45㎝水槽のフィルターは、100円ショップのMDケースとタッパーをプラスチックのビスで繋いで作りました。 金魚を含む観賞魚の飼育には、ろ過装置(フィルター)を用いることが一般的です。フィルターを導入する目的としては、飼育水を浄化して水質の維持管理を容易にすることが主たるものですが、フィルターからの排水を工夫することでエアレーションを行うことも可能です。 琉金の稚魚を選別で生産者の苦労を思い知る孵化から2週間が経ったので1回目の大掛かりな選別をしました。稚魚選別には専用網と洗面器が必要人生初の金魚稚魚の選別と言うのを経験しました。先日、普通のネット(網)でやってみたのですが、全く進まない。

金魚や熱帯魚を水槽で飼う際に水中フィルター(ろ過装置)を使用している方が多いと思います。 この水中フィルターは自宅で金魚などの魚を飼う際にはとても便利な商品なのですが、お店で接客していると正確な知識のないままとりあえず買って使っている方が意