随筆文 解き方 高校受験

という訳で、本日は小説文・随筆の解き方を紹介します。 そもそも小説・随筆ってなんでしょうか? →筆者が見たり聞いたりしたことを、 感じたことや意見をまぜながら. 中学国語の「現代文の文章読解問題の解き方ポイント」についてまとめています。説明文の読解の仕方・解き方に関して、文章構成、要旨のとらえ方、筆者の考えや要点のつかみ方などにもふれています。それでは、中学国語の「説明文の読解の仕方・解き方」のまと

中学受験の国語で8割正答する解き方と勉強法を解説するシリーズ。今回は理由問題。国語を解くロジックを、誰でも、訓練次第で、どんな問題でも、解けるように解説していきます。 国語の読解問題を解く際に、「 問題文を読んでから⇒問題を解く 」と言う正攻法で解答する方が多いのですが、正攻法の解き方は受験対策としてはオススメ出来ません。 なぜなら、試験には制限時間があるからです。. 現代文の正しい勉強法を知っている人、そして教えている人は現在殆どいません。そのせいで「現代文なんてセンスだ」「現代文は勉強しなくてもいい」という間違った常識を未だに信じている受験生が驚くほどたくさんいます。現代文は正しい方法で勉強すれば必ず 小説・随筆は筆者の 「感動」を読み取ることがポイント . 現代文の小説では、 というアドバイスをよく耳にしますね。 実際、問題文にも「このときの主人公の心情はどんなものか」という問いがたくさん出てきます。 だから小説問題を解くときには、「登場人物の感情」をしっかり推測しようと必死になってることでしょう。