2666 メモリ 3200

メモリは、DDR4-4000対応のオーバークロックメモリ「Crucial BLE4K8G4D40BEEAK」と、DDR4-3200対応のスタンダードメモリ「Crucial CT2K8G4DFS832A」を用意。 メモリ関係に弱いevgaですが、f4-3200c15q-16grkdのxmp設定の3200 cl15-15-15-35-2n から15-15-15-28-1nまで詰めてますが、問題は全く無いですね。 書込番号:19173775. Zen2が定格で対応している最大クロックはDDR4-3200なので、非OC前提ならJEDECネイティブ(1.2v)で3200Mhzのメモリを使うのが一番速い。 ただ、これに関しては罠があって、「3200Mhz」という記載でも XMPの可能性がある こと。 そこでRyzen 5 1600で安めに組む場合、メモリだけはDDR4-3200にしてみようとかなと思い調べてみると、DDR4-3200のメモリが思いのほか高かった。 G.SKILLから発売されているRyzen対応のDDR4-3200 8GB×2枚セット「F4-3200C14D-16GFX」が28,000円ほどでした。 2 点 特に3000や3200は多い気がしました。 オーバークロックメモリで3200とか常時運用すると、壊れやすいのでしょうか? 電圧とかを1.35?にするから壊れやすかったりするのでしょうか?