PS1 ステート セーブ

ローカルセーブしか使わないオレが以下のように要約します。 R+どこかのボタン を押せばセーブできて、L+どこかのボタン を押せばそこから再開できる。 ボタンってのが、 矢印4つとボタン4つとスタートセレクトの計10個あるから、 PSPではPSPStatesというステートセーブプラグインがありましたが、新たに登場したこのTN SaveState Pluginでは念願のPS VitaのPSPエミュレータでの動作に対応しています。PSPゲームやPS1ゲーム、Homebrewでステートセーブが可能 どこでもセーブ. PS1ゲームのFF7とレジェンドオブドラグーン両方を試してみたんですけど、どちらもセーブデータに反映されませんでした。 前使っていたのはPOPSLoader for 5.00M33なんですけど、これにその機能がついていたという事でしょうか? ステートセーブ・ロードや、巻き戻し、リセットなどのホットキーを設定できます。 ただVITAだとそこまで設定するほどのボタンは無いかもなあ・・・。 コントローラー1の設定. pspはcfwを導入してエミュレータを入れることで、今でも遊べるマルチゲーム機になります。pspのゲームはもちろん、昔のスーパーファミコンなどのゲーム機をpsp 1台だけで遊べるということが、今でもpspが人気の理由の一つじゃないでしょうか。 psxは 起動させるにはbiosが必要 ですが、非プラグインで動作するpsエミュレータです。 標準で日本語にでき、設定するところも特にないのでそのまま遊べるのが利点です。動作処理が少し重めですが再現性がかなり高いです。 Ctrl+1-5でセーブ; Alt+1-5でロード; Ctrl+1の場合は1番目のスロットにセーブされます。 1番のみ使う場合はF1とF3を使い、他の場所にセーブしたい場合にCtrlとAltを使うといい。 CD交換につ … (2) ステートセーブしたスロットを選択して【 】でステートロードします。(3) セーブした任意のタイミングからゲームを開始することが出来ます。(4) LOCAL LOAD MODEでは、GameID毎にセーブデータをロードすることが出来ます。 いつもpspの画面をケータイで撮影していろいろうpしてたんですが、スクリーンショット(ss)導入してみたら?と言われたので、導入しました。まずssについて。そ… PS1のGPUは、テクスチャと描画の領域を同一に出来るため、 Polygonで描いてく端からテクスチャとして利用することができ、 周期的(自己増殖的)な面白い効果が出せます。 これが最終画面の表示だけでなく個々の描画もグラボにやらせる settingsタブ→Input→Input User 1 Binds. PSVITAで何台もコントローラを接続するのも? ステートセーブには ローカルステート と グローバルステート の二種類があります。 ローカルステート: プレイしているゲームのみで ステートセーブ機能 が使用可能です。 ゲームA でローカルステートセーブしたものは ゲームA をプレイしている最中のみ ロードすることができます。