Scss CSS 変換 gulp


本稿ではcssをもっと便利に使うためのツールである、sassについて解説します。sassの基本から導入方法、学習の参考になるサイトまでをまとめています。 sassでcssがもっと便利になる! sass… 本記事では、タスクランナー「Gulp」の導入方法と使用例を、初心者にもわかりやすく紹介しています。「Gulp」の導入は簡単です。本記事の手順通り進めていけば、5分ほどでできるでしょう。使用例として、Sassのコンパイルについて紹介していきます。 Sassとは、Syntactically Awesome Style Sheetsの略です。 CSSを便利に書くために作られた言語で、似たものでは、LessやStylusというものがあります。 実際にブラウザで認識させるには、CSSに変換する必要があります。 Sass: Syntactically Awesome Style Sheets

Sassのファイルの拡張子には、.sassと.scssがあります。実は、Sassには2つの記法があり、Sassの中でもそれぞれCSSの書き方が違います。 最初に作られたのがSASS記法(.sass)で、後に作られたのがSCSS記法(.scss)になり、一般的にSCSS記法の方が広く普及しています。 cssをsass/scssに変換することで効率よく制作することができます。 CSSを一瞬で変換したい方はぜひ試してみてください。 フロントエンドエンジニアに転職した人のブログ。 gulp を使った sass→css, min.css変換.

フォルダの構成. Sass(SCSS)をCSSに変換, コンパイル – gulpの使い方・設定方法【自動化】 もし設定が上手くいかない、もしくはコンパイルとか面倒!もっと簡単な方法はないの?という場合には、 「Koala」や「Prepros」をインストールすればOK。 Scssとは「Sassy CSS(生意気なCSS??)」の略 。上記のSassの機能をCSS3(Media Queries等含む)文法と互換性がある形で再実装したもの。CSSと書き方が似ているため、マークアップエンジニアには導入しやすい。SCSS記法を用い、拡張子は.scss。 以下はあるプロジェクトフォルダである。前回の物にapp、`src`フォルダを追加した。 今回gulpのスクリプトで.scssを.css及び.min.cssに変換してみる。gulp自体の設定については下記の記事参照。 gulpの初期設定. Sass(SCSS)とは. Scss. scss と sass とでは、本当に便利なのはどっちなのでしょうか?? 今現在の主流は、 sass よりも scss と思われます。しかし、主流という言葉に囚われてはいけません。今回はこの2つの表記の違いを比較し、本当に便利なのはどちらか検証しました。 ↑のgulp.jsにてnpx gulpを実行すると scssファイルを変更して保存する。 スクリプトが実行されているのか、cssのフォルダの中にscssというフォルダが作成される。