VBA IE操作 タブ 切り替え



ワークブックにはvbaマクロが含まれているので、ブックを開く時に、マクロの編集を有効とする。 シートは4枚構成で、最後の「タブを閉じる」シートが完成形。 IEとEXCELがメインなので、下図のように、それぞれ横に並べて表示しておくと分かり易くなります。

IEを起動する方法は2通りInternetExplorer(IE)をVBAで起動するコードは主に以下の2種類あります。以下に2つのIEを起動するコードとメリットデメリットを記載します。①Shell関数を用いる方法こちらは手軽に起動できますが vbsを利用して、ieのタブを自動的に切り替え続けるスクリプトを作成しています。以下現状手動でやる事・作成したvbsファイルをダブルクリックして起動・ieは常に画面の全面(アクティブウィンドウ)にしておくvbsファイルの中身set w = w

タブの切り替え ... サンプルの実行 : 解凍後、「IEタブ制御.VB2008」の中の「bin」→「IEタブ制御.exe ... IE制御- IEの制御と表示するHTMLドキュメントを操作 CreateDocumentFromUrlによ …
エクセルVBAでIEを操作するための基本部分について解説しています。VBAによるIE(Internet Explorer)制御やデータ取得など基本的なものから実践向けの内容まで幅広くカバーした入門サイト。