WordPress URL 取得 現在


WordPress現在のページのURLを表示したり、使用しなければするときに、次のコードを使用することができます。 ポスト、ページ、フロントページ、カテゴリ、、タグ、カスタムポストタイプなど動作し …

WordPressでトップページのURLを取得する関数、home_url()。よく似た名前のget_home_url() という関数との違いが曖昧になりがちなので、仕様と用法をまとめました。 WordPress ホーム(トップページ)のURLを取得する home_url() 通常のテーマやプラグイン開発において、トップページURLを取得する … HTML ファイルの場合、通常は画像や他のファイルへのパスはそのファイルが置いてある場所から相対的な場所(位置)を指定しますが、WordPress では指定の方法が異なります。 WordPress で現在表示しているページの直上の親ページのスラッグやIDを取得して表示する方法を紹介します。例えば、固定ページで現在表示しているページの親ページの情報を表示したいときに便利な方 … WordPressで現在のURLを取得する方法を解説しました。 【WordPress】固定ページの記事順番を変更する方法! プラグイン無し・有りを解説 2018.04.14 【WordPress Plugin】Intuitive Custom Post Orderの設定と使い方! スラッグ(slug)は、投稿や固定ページなどのページの固有の識別子として登録される値で、ページの識別子として URL の一部(最後の部分)に使われます。また、パーマリンクの設定によってその値は変わってきます。 WordPressで開いているページのURLを取得するには、 echo get_the_permalink(); だけでOKなんですが、独自にGETオプションなんかをくっつけている場合には、get_the_permalink()では取得できません。 そこで、 echo $_SERVER . 自分のサイトがどこから来たのか気になりませんか?笑 僕は気になります。 大抵はGoogleからでしょうし、Googleからの場合はサーチコンソールで計測できます。 でもGoogle以外からのアクセスの場合は分からないですよね? PHPではアクセス元のURLを取得出来るので紹介します。 WordPressでメディアのURLを取得する Posted 2017年2月18日 by nakaike WordPressでは、アップロードした画像や動画などは、メディアとして管理されます。

WordPressで現在のURLを取得する方法を解説しました。 通常のURLを取得したければ「get_the_permalink()」で取得できますが、独自のGetパラメータも取得した場合はオリジナル関数を使うと取得できます。 $_SERVER; urlは、プロトコル + ホスト名 + パス で構成されているので、現在のurlを取得できる関数を1つ定義しておくと便利かもしれませんね。 未経験でも、現役エンジニアの手厚い指導が受けられるCodeCampのレッスン【無料体験】とは? WordPressで「現在表示中のページ」のURLを取得する方法まとめ。カテゴリやタグアーカイブの取得、2ページ以降もカバーする方法も。条件分岐せずPHPで直接取得するときの方法もご紹介しています。 これだけあればpathやURLを指定する時に困ることはありません WordPressには便利なタグがたくさん用意されています。 たくさん用意されすぎていて 「小テーマへのパスは何で指定するんだっけ?」 こんにちは! ライターのナナミです。 みなさん、サイトやブログのURLって気にしてますか?ブログページなら「blog」アバウトページなら「about」…URLでどのページなのかがわかりやすいと、何かと便利ですよね。 でもWordPressだと自由に設定できないんじゃない…? スラッグの取得. WordPress のURL URI パスを取得・出力する関数.