display table cell 余白

源泉徴収票には、「控除対象扶養親族(配偶者を除く)」という欄があります。 平成29年度税制改正の影響で、給与から源泉徴収する際の扶養親族等の数え方が変わります。配偶者に関する扶養親族等は、源泉控除対象配偶者のみを扶養親族等としてカウントするようになります。改正に伴い用語も増えているので確認しておきましょう。

源泉徴収票を必要とする理由は、以前母を扶養家族としていなかった為、扶養控除を受けていなかった為です。 扶養控除を受けるにあたって、以前の会社の源泉徴収を提出しなければ控除受けられないのですが、以前の会社に電話することに抵抗を感じます。 この省令改正前まで(つまり、10月1日まで)は、従業員らに渡す源泉徴収票等について、従業員および扶養家族のマイナンバーを記載しなければならないこととなっていました。 源泉徴収票の見方で、老人の「内」は、「老人扶養親族のうち、同居老親等」という意味です。言葉が難しいので一つずつ見ていくことにしましょう。 老人扶養親族.