dropbox business 個人利用

ファイル共有や、個人利用との区別が簡単. Dropbox 個人向けの有料プランとして「Plus」と「Professional」があります。 Plusプランは2TB、Professionプランは3TBのストレージが使えます。 「Plus」と「Professional」は、無料プランでは使えないストレージ内の全文検索や、スマートシンクといった追加機能が利用できます。 kintone(キントーン)の「拡張機能」をご紹介します。プラグインや外部サービスとのデータ連携でキントーンでできることがさらに広がります。JavaScriptやCSSファイルを用いた画面カスタマイズや、豊富なAPIを利用して100種類以上の外部サービスとデータ連携できます。

Dropbox Businessでは、社内外の相手とのファイル共有がスムーズに行えるのも特徴です。アカウントにリンクしたデバイスであればデータが同期されるため、スマートフォンなどからも最新の情報を確認できます。 個人向けのDropboxに比べて、企業で利用するDropbox Businessは企業全体に影響があるものなので導入するということになると大変なものです。 利用する前にトライアル版でテスト運用して、機能面や使用感を確認してみるのも良いかもしれません。 長らくDropbox Plusを使っていたのだが、Dropbox Businessの無料トライアルの案内がずっと出ていたので思わずクリックして申し込んでしまった。しかし、用途が個人的なデータのバックアップと複数デバイスでの同期のため、利用す Dropbox for Businessと個人用の2つのアカウントを持つユーザーは、ログアウトせずに2つのアカウントを同時に使えるようになる。 Dropbox Businessの管理機能を使うことで機密データを保護することができます。資料を共有するときは、共有リンクに有効期限とパスワードを設定できます。 管理者は、メンバーがどのように共有を行うかを細かく設定できるので、外部とのやり取りも安心です。

Dropbox Businessの製品情報・評判・価格ならボクシル。ボクシルでは法人向けSaaSを無料で比較・検討し、『資料請求』できます。ホワイトペーパーや特集記事等でサービス選びに役立つ情報提供も …