outlook スケジュール 自動転送


Outlookのメールとスケジュール管理機能、SharePointやOneDrive上でのドキュメント管理と共同編集、会話やチャット、Formsでの情報交換など様々なアプリとの連携は、実際に使っていただくと想像以上に便利さを感じていただけると思いますよ。 「Outlookでスケジュールの管理をしたい」という方はいらっしゃいませんか?本記事では、Outlookの予定表の様々な使い方について解説します。Outlookの予定表についてもっと詳しく知りたい方は、本記事をご覧ください。 自動転送条件1: 標題がテストを含む、転送先はaさんとbさん; 自動転送条件2: 差出人がcさんと同じ、転送先はaさんとdさん; 自動転送の結果: aさん、bさん、dさんに転送されます。aさんに2通メールが転送されることはありません。 Oficce365のOutlookには、自分宛に届いたメールを別のアカウントに転送する機能があります。手動で操作しなくても自動で転送してくれる優れものです。今回は、全てのメールを転送する場合と条件付きでメールを転送する場合の両方の解説をしたいと思います。 Outlookのメールの自動転送は大変便利な機能です。メールを自動転送することで情報共有をスムーズにすることができるなど、大変役立ちます。設置自体はそれほど難しくありません。この記事では、Outlookの自動転送について解説します。 Outlook 2013で転送したい予定アイテムを選択し、[予定]タブの[アクション]グループの[転送]をクリックして、転送先を指定します。転送方法は、iCalまたはOutlook予定表アイテムのいずれか選択できます。 会社のスケジュール(Office365の予定表)に登録すると、自動でGoogleカレンダー(個人用)にもスケジュールが追加され、slackに通知が来るようにしてみました。 (slackが一番見るツールなので) 実際にLogic Appsで仕組みを作ってみる