symantec endpoint protection 対応os

SEP Cloud の Windows Server の対応OSは、2019年8月時点は下記。 Windows Server 2008 R2 Standard SP1 以降 Windows Server 2019 まで参考: Symantec Endpoint Protection CloudのWindows Serverの対応OS Symantec Endpoint Protection 11.0 MR3が 実現した、 安全で快適なクライアントセキュリティ PCへの導入が必須であるセキュリティ対策ソフト。 CSPは9月に対応済み、SEPでは12月の「Release Update 2」においてWindows 8やWindows Server 2012、Mac OS X 10.8と併せて対応する予定だ。 Symantec Endpoint Protection - セキュリティアップデート 134 2017/05/03 説明 ... 20170502.021 セキュリティアップデート 134 次の脆弱性および脅威への対応を追加しています。 ... OS … [Mac OS Xの場合] : 1.Finderで、「アプリケーション」フォルダを開き、[Symantec Endpoint Protection Cloud」を、ゴミ 箱へ移動します。 2.アンインストーラーが起動するので、指示に従って作業を進めます。 [エラー時の対応方法] : Symantec Endpoint Protection; 開発元: ブロードコム: 最新版: 14.0 / 2016年 11月9日 対応OS: Windows / Linux / macOS: プラットフォーム: x86 / x64: 種別: インターネットセキュリティスイート

大型アップデートについて. オフィスあんしんセキュリティサービス(Symantec Endpoint Protection Small Business Edition)は市場に求められる要求に追随しお客様に快適なセキュリティ対策環境を提供するため、サービスインフラを含む環境を刷新する大型アップデートを実施します。 Symantec Endpoint Protection - セキュリティアップデート 729 2019/10/26 説明 ... セキュリティアップデート 729 次の脆弱性および脅威への対応を更新しています。 ... ©1995 - 2017 Symantec …